2020年05月01日

よもぎ団子作ってみてね

_MG_6154.JPG

日差しがあたたかくなると
目につくようになるのが よもぎ!
幼稚園の坂にも、新芽が顔を出しています
日本では 沖縄から北海道まで全国どこにでも生えているそうな
よもぎの新芽を摘んで
各地でそれぞれの楽しみ方で
味わっている よもぎのお団子 お餅・・etc
ホットケーキにしたり
お好み焼きにしたり
白和え スープ・・天ぷらもおいしい!

園で今年できるかどうかわからないので
ぜひおうちで
よもぎ団子(こどもの森風)作ってみてね

よもぎを積みましょう
よもぎの新芽はやわらかくアクも少ないので全体を食べられます
暑くなるとアクは強くなるのでね、今くらいが食べごろです
日当たりのよい乾いた場所にあります
摘み方は、根元から爪を立ててプチっと積みます
根こそぎ摘んでしまわないようにね
また来年のことを思って そうします
似ている葉に、ブタクサなどがありますが
独特のにおいで確かめてくださいね 

積んだらできるだけその日のうちに
下処理をしましょう

下処理
1水をはったボールでよもぎをもむように洗いましょう
水を何度か変えてね
2お鍋にたっぷりのお湯を沸かし、塩または重曹を小さじ1加えてよもぎをゆでます
3菜箸で泳がせながら、ゆで汁が黄色っぽくなり
葉裏が鮮やかな緑色に変わるまで茹でます
4冷や水にとり全体が水に浸ったら
手でぎゅっと絞ります(ゆで汁少しとっておく)

5ゆでたよもぎを包丁で細かくたたく。
叩いたよもぎをすり鉢に移して、すりこ木でペースト状になるまでごりごり。
ゆで汁を少し足すと滑らかになります。

IMG_4090.JPG

こんな感じに楽しくゴリゴリします

6白玉粉と上新粉を別々に用意します
それぞれ同量でね
白玉粉.jpg
白玉粉にはお水

上新粉.jpg

上新粉にはぬるま湯

それぞれちょっとずつ混ぜながらこねます
さらさらしていたお粉が 固まってきたら
合体します

よくまざってひとまとまりになったら
先ほどの よもぎペーストを混ぜ合わせます
(色合いをみながら入れてみてね
 ペーストは冷凍にしておくとまた使えます)
白色が緑色に変身!

よく混ざり合ったら 食べやすい大きさに丸めます
この時に、あまり大きすぎたり、厚ぼったくなると
茹でにくいので 大体同じ大きさに丸めてボタンのように山をつぶして
熱が通りやすくします

大きなお鍋にたっぷりの湯をガラガラと沸かします
ガラガラとに煮えたところへ
ポトンポトンとよもぎのお団子を投入!

始めは沈んでいたお団子が
上に浮いてきたら
火が通った合図です
すくったら 冷たいお水(氷水でも)で冷やします

お水をしっかり切ったら出来上がり!

きなこ(お砂糖・ちょっとお塩)
あんこをかけて
食べてくださいね

IMG_4091.JPG

葉っぱそのまま天ぷらもおいしいですよ

ペーストはオリーブオイルと一緒にパスタにも(大人の味かな)
パンケーキケーキなどのスィーツも黄緑色に染まり
春色な感じで楽しいですね!

よもぎは血止めにもなったり
野原では重宝します
アイヌでは魔除けにもなったんですって!

よもぎの匂いそして味は
春の思い出として
記憶に残してあげたいな


春の野原で探してみてね

IMG_5951.JPG

なつかしいお写真使いました
・・みんな元気かなぁ・・

Wada wrote It。



posted by kodomo at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記