2018年07月25日

みんな元気でしたB 夏お泊まり

日焼けが痛い…

3日目も無事終わりました。
お家に帰った子ども達の様子はいかがでしょうか?
「ママーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー泣」
「パパーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー泣」
「やってーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー泣」
「出来ないーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー泣」

とんでもない甘えんぼちゃんに変身した子

もしくは
[zzz……………………………………………………………………………………」
ご飯も食べずに寝た子。

もしくは
「えっとね!!そんでね!!あれでね!!こうでね!!あーでね!!」
スーパーマシンガントークで興奮さめやらぬ子

もしくは
「お泊まりまだしたかったーーーまた行きたい(泣)」
稀にある、まだお泊まりやりたい志願者の子

様々なお子さんの反応が一番の安心の家庭という場所で
今巻き起こっているのだと思っています。


力不足ながら3日間こどもの森の可愛い37人の子ども達のお父さんに変身させてもらいました。
ありがとうございました。

こどもの森のお泊まり保育はレベルが高いです。
こんなこと中々出来ない。
させてあげられない。
そしてそれを見事に乗り越えていく子ども達がすごすぎる
本当に素晴らしい子ども達だと思います。

またこの三日間、子ども達と楽しく過ごせたことは保護者の皆様の
ご理解とご協力があってこそだと思っています。
本当に温かく見守り、応援して頂きありがとうございました。
本当に素晴らしい保護者の皆様だと思います!!

そしてよく動く、パワフルなスタッフのみんなに感謝です。

さて三日目です。
冒険遊びの森で水遊びを
やりつくしました。
DSC_0857.JPG
ここのスライダーは魅力です。
川の水をポンプでくみ上げて
まぁ冷たい気持ちのいい水で遊べるわけですから
DSC_0859.JPG
DSC_0864.JPG
DSC_0874.JPG
子ども達の笑顔もはじけるわけです

小さな川でも、子どもたちは思い思いに水遊びは盛り上がります。
DSC_0902.JPG
DSC_0895.JPG


そうなのです!!
遊びというのはどんどん盛り上がっていくのです。
特に幼児はどんどんそれを追及します
もっと水を
もっともっと!!
このもっともっと楽しさを追求する力がこどもの森の子はすごい

だからあっちゃんはこうゆう言葉をかけてしまいます
「知ってた?実はこのスライダー裸が一番滑るんだぜ(キラリン)」


「えーやだよ」
と子ども達

でも僕にはわかります。
そのやだよと言った子ども達の中に
「やってみようかな」ってやつがいること(笑)

何人かはいける!(笑)

はい。こんにちは
裸族の皆さん。天然の水しぶきの加工もばっちり
DSC_0917.JPG
DSC_0941.JPG
DSC_0946.JPG


そうするとね
「俺もやってみようかな…」
「上でけ脱ごうかな…」
DSC_0954.JPG
DSC_0951.JPG
こんな顔中々出来ないです。
楽しいんだよね。ワクワクするよね。

どんなこともやってみることで「楽しい!」って思ってくれることが何より大事なんだな

さて
しこたま遊んだ後は
流しそうめん大会
DSC_0997.JPG
DSC_0996.JPG
DSC_0987.JPG
そうめんもおいしかった。
天ぷらもおいしかった。

そしておいしいかき氷まで
青さんが漬けてくれた梅のシロップのかき氷
DSC_0999.JPG
DSC_1001.JPG
もはや話しかけられない集中力です。

あー
あっという間のお帰りですな。
お泊まり保育が終わったぞゲーム、青さんからのインタビュー
ご褒美のカメラのおもちゃをもらったりして
子どもたちは
安心の家庭に帰っていきましたとさ
DSC_1004.JPG
DSC_1005.JPG


三日間のお泊まり保育を乗り越えた子ども達です。
一杯泣いた子も、全然へっちゃらだ子も様々ですが

是非
「よく頑張ったね。偉かったね」
これだけを伝えてください。
こどもの森の子達は
家庭ではない場所でこれだけやり遂げることが出来る力があるのです。

僕が彼らに求める「生きる力」
きっとこのお泊まり保育は「生きる力の糧」がぎっちりつまっていたと思っています。

また冬のお泊まり保育で会いましょう

posted by kodomo at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記